リフォームレモンのブログ

リフォームをしても残す家具

リフォームするときに思い入れのあるカップボードは解体せず、残しておきました。
以前は天井いっぱいに取り付いていたカップボード。 リフォーム後はリビングへ移動し、
収納家具として再生しました。
このカップボード、新築当時に奥様が勤めていた家具屋さんで製作してもらったようです。

リフォームの際、家具は全て新しい物に取替える必要はないと思っています。
リフォーム後も使用したいもの、自分と一緒に時間をかけて育っていくものが
部屋の一部にあるだけで、どこかほっとする、ご家族だけの空間が出来ます。
これからもご家族の団欒の場で長く使用されていってほしいです。

 

関連記事

PAGE TOP