レモン通信

レモン通信

栃木 湯西川温泉の本家伴久

先日のGWに栃木に旅行に行ってきました!
旅行の中でも最も印象に残った宿について書きます。

今回泊まったのは、湯西川温泉 本家伴久


太古を叩いてお出迎え。和ダンスや、欄間が美しい

創業1666年(350年)だというから驚きです。
なんと、本家伴久の館主は平家直孫25代。
1994年に平家の里(湯西川に在り)にて行われた源平の和陸の式。その際もこの旅館にある「かずら橋」を源平が手に取り、渡初め儀式が行われたそうですよ!

 

もぅそれだけでロマンを感じます!!!宿にはこんな写真も飾ってあったり。長い年月の中にどんなストーリーがあったのかと。先代の想いを繋ぎ今もなお継承しているって、並大抵のことではないはず、、。そんな、歴史を感じるお宿です。


※画像はお借りしましたらくだ倶楽部

 

湯西川をはさんで、本館と食事所「平家隠れ館」に架けられたかずら橋

夕食会場は、「かずら橋」を渡り「平家隠れ宿」にて。

 


囲炉裏で岩魚や地鶏じっくりと焼けるのを待つ時間も楽しかった!岩魚や地鶏、竹に入ったお酒が美味しい🍶

 

 

湯西川を眺めながらの露天風呂、最高でした!ちょうど満月が出ていて、川のせせらぎの音がこの上ない癒し。

このせせらぎ、本当に気持ちいいんですよね。
柔らかい布団に横になりながら聞く自然音。幸せすぎて涙でます。

あと嬉しかったのは、朝ごはんを食べて部屋に戻ってくると、まだちゃんと布団がひいてあるんです。(朝ごはん食べてる間に布団かたずけられる事多いですよね)
だから、二度寝できる!!最高!極上のマットレスに、羽根布団。気持ちよかった~~。

 



平坦じゃないから、アスレチック感覚な階段

 

旅館には樹齢800年の木が床に埋め込んであるなど、かなり贅沢な空間


床柱が力強いですね

旅館のスタッフの皆さんも、心地よい対応。つかれ離れずの距離感で、優しく見守ってくれてます。「第二のお家に、ようこそおかえり~」って感じで迎えてくれてるんですよね。これは、居心地いい。

 

 

ということで、かなり大満足だったお宿でした。星5つの宿に認定されているのも、納得です。


毎年6月初旬には平家大祭りが開催され、大変にぎわうようですよ。是非足を運んでみては。

関連記事

リフォームレモン ブログ

アイアン家具 ブログ

スタッフブログ

レモン通信

PAGE TOP