リフォームレモンのブログ

LPガスを正しく使って、安心


LPガスをご家庭でお使いになるお客様へ
いつも安心してお料理を楽しんでもらいたいから、LPガスについてお伝えしたいことがあります。

 安心してお使いいただきたいから知ってもらいたい、メンテナンスについて

◾︎ゴム管はときどき点検し、早めに交換してください
◾︎ガス栓に適合するLPガス用ゴム管または専用ホースを使用してください。
※ガス漏れ防止のため、湯沸し器や風呂がまなどの固定式燃焼機器とガス栓の接続にゴム管を使用することは禁止されています。
◾︎ゴム管は、過度に長いものを使用しないでください。
◾︎ひび割れや焼け焦げなどが発生しているゴム管は使用しないでください
※ゴム管からの漏れ点検は、石けん水を塗り泡が出るかでわかります。点検後は綺麗に拭き取ってください
◾︎ゴム管は、ガス栓の赤い線の所までしっかりと差し込んで、ホースバンドでとめてください
◾︎ガス管は、物かげを通したり、折り曲げたりしないでください。
◾︎三つ又は危険なので、絶対に使用しないでください

 

どれも基本的なことですので、定期的にチェックしてみてくださいね!

 

いつも安心の安全機器や安全装置付きガス機器もあります。オススメですよ!

◾︎マイコンメーター


ガス漏れなどガスの流れや圧力などに異常があった場合、マイコンメーターが自動的にガスを遮断します。
※マイコンメーターには、ガスを使用中に大きな地震(震度5相当以上)があった場合には、ガスを止めるなどの保安機能が搭載されています。

※画像はお借りしました。東邦ガス

◾︎集中監視システム
お客様のLPガスの利用状況を24時間365日休みなく見守り、異常を感知したら適切な装置(販売店などから連絡が入るなど)を行うシステムです。

◾︎Siセンサーコンロ


すべてのバーナーに安全センサー(立ち消え安全装置・調理油加熱防止装置・消し忘れ消火機能)を搭載したガスコンロです。
・立ち消え安全装置は、煮こぼれや吹きこぼれ、強風などで火が消えた時、自動的にガスを止めます。
・調理油加熱防止装置は、センサーが鍋底の温度を感知し、約250℃になると自動的に消火して油の発火を防ぎます。
・消し忘れ消火機能は、消し忘れても、点検後一定時間が経過した時点で自動消火します。

 

◾︎ガス警報器
ガス漏れを素早く感知し、ブザーや音声で知らせます

 

もしもガスが漏れたら!

LPガス販売店もしくは、保安機関にご連絡を(=^▽^)

 

関連記事

PAGE TOP