施工事例

施工事例

使い勝手は使い慣れた今まで通りで

明るいキッチンで毎日快適!
~今までの使い勝手はそのままで新しいキッチンに変えたいな~

ストーリー

キッチンも取替え時期が来たし、何よりもお盆などの大型連休の時にお孫さんや家族が集まる場所だから綺麗な明るいキッチンでお迎えしたい!だけど、今までの使い慣れたキッチンから新しいキッチンになると使い勝手が変わって、少し不安だわ。今までの使い勝手を変えずに、新しいキッチンの入れ替えが出来ないかしら?

黒部市 K様

 キッチンリフォームのご提案


温かみのある手描きパースでプレゼンボードをつくりました。今までのキッチンの使い方と、リフォーム工事後のキッチンの使い方の違いを説明しています。隣接する場所に置く造作家具の棚の寸法も合わせて書きました。見てすぐわかるパースを目指しています。

 

お施主様の本当にほしいキッチンは?

お施主様のご要望はキッチンを新しくしたい。とのことでしたが、よくよくお話をお聞きすると、今までの使い勝手を変えずにキッチンを入れ替えたい。と、ご要望があるようでした。お施主様との打ち合わせを重ねるうちに本当に欲しいキッチンが見えてきたんです。

そこで私は、こんなご提案をさせて頂きました。

ポイント

施工前の様子をみると、キッチン正面の左手側におたまやおろし金具などのキッチンツールを壁にかけて、見せる収納をされていた奥様。「見てすぐ使える収納方法」に慣れているとのことでしたので、マグネットで小物を張り付けることが出来るキッチンパネルを紹介しました。

キッチンパネルは、システムキッチンの両サイド、正面側に貼ったことで、どこにでもマグネットを貼る事ができます。また、油汚れも拭くだけで簡単に落とせる!ということがポイントです。

さっそく購入された小物を張り付けてみた様子です。この箱にはラップなどを収納するようです。
引き出しの中に入れると、何がどこにあるのかわからなくなる、または引き出しを開く時間がかかる、取手が汚れるなど使いにくさが出てしまいますよね。
欲しい物がパッと手に取れる位置にあるのは家事が楽チンになる方法の一つです!(^^♪このキッチンパネルを貼る事で、「使い慣れた方法で家事をスムーズにこなしたい」というご要望が叶いました。


お施主様がショールームに行って選定されたシステムキッチンは、取手が他のメーカーにはない所と、デザインと色みから醸し出されるほっこり感が特徴です。ホーローが焼き付けてあり、お手入れが楽なところと扉のデザインが可愛いところがお気に入りとのことです!このシステムキッチンは「カンタン取替」シリーズのキッチンで、既存の水栓をそのまま利用できるため施工費が抑えることができます。

壁紙の色はお施主様のご要望もあってグリーン色にしました。
このキッチンを選択されたとお聞きし、既存を残す天井の色や建具、床材との色を考えてコーディネートさせて頂きました。このグリーンが似合う!と思った通りに、お施主様のイメージされていたお部屋の空間になりました。
落ち着いた淡いグリーン色が爽やかで、キッチンの色みを引き立てています(*^^*)(この色よかったなぁ~!って自画自賛しちゃいます)

施工前/施工後の写真

  
<施工前> 

 
 

<施工後>
※水栓金具がまだ取付られていない画像です


既存のキッチンを解体した際の写真です。窓回りや、床材が腐蝕していたので新しく張替ました。基礎の状態も確認しましたが、綺麗な状態でしたよ!


キッチンには長戸があり外へと繋がっています。外では畑をされているお施主様。
畑用具をこの棚に置くようです。最終段階で、パースでご提案した寸法よりも少し大きめのサイズで製作することになりました。畑から採れたての野菜をキッチンに運ぶことが出来て羨ましいです(^^)


早速新しいシステムキッチンにキッチンツールを収納されたお施主様。
吊戸棚は取外しました。そのことで窓からの明るい光が入り、キッチン空間全体が明るい雰囲気になり、とても喜んでくださりました!

リフォームを終えて…🍋

アンケートに答えて下さいました。

お施主様より

「こんなに細かい要望まで伝えられたのも、あなたが喋りやすかったからだよ。とってもいいがにしてくれてありがとう!何度も足を運んでくれてありがとうね。」
字で書くのは苦手だから。と、言葉で伝えて下さったお施主様。リフォーム工事に満足いただけた様子で喜んで下さいました。

二人三脚でリフォームさせて頂き、こちらこそ有難うございました。暮らしの知恵や美味しいごはんのお話など、沢山のお話しが出来たことも楽しかったです!

暮らしと住まいのサポートレモンにご連絡下さい(^^)/
富山県黒部市岡551
TEL 0765-54-1122
mail le-mon@ymail.plala.or.jp
担当 江端 茜

関連記事

PAGE TOP